シーズについて

開発技術

開発技術

お客さまの夢、アイディアを実現します。

自分が本当に欲しくなる製品であればきっと多くの人が欲しくなるものが創れるはず。
そんなモットーをもって日々開発を行っています。
お客さまの夢、アイディアをシーズが“かたち”にします。

製品設計

柔軟な視点でニーズに応えるものづくり

製品設計は、Solid works、Creo、3Dプリンタ等を用いて生産性・コストを考慮した設計を行っています。また、小さなお子さまに安全に使っていただくため、玩具の厳しい基準をクリアする設計を行っています。OEMによる他業種の設計から生産も請け負い、玩具で培ったアイディアを活かしたユニークなものづくりを行っています。

EL(エレクトロニクス)設計

回路設計

お客さまの要望事項をまとめ、電子回路(アナログ、デジタル)を作成します。

基板解析

初期設計段階から十分な電気的検証・解析を行い、高品質な電気設計を目指します。

EL設計のエキスパートがその技術を駆使

製品におけるアナログ、デジタル回路の設計をはじめ試作検証・解析まで行います。
昨今ではELの入っていない製品は少なく、なくてはならない存在です。

試作

お客さまの求める製品が生まれる第一歩

お客さまの要望を“かたち”で実現するために、機構の原理試作から設計検証用試作まで作製します。
基板や電気パーツ、計測器の波形とにらめっこをしながら、お客さまの要求を満たすためにはどうすれば良いか、どうすればトラブルの起きない製品がつくれるか、毎日、試行錯誤の連続です。

原型

仕様に合わせながらより確かなものを

原型は、お客さまのアイディアを具現化するために、とても重要なものです。
イメージを具現化するために3Dプリンタなど最先端の設備も使用しますが、職人芸ともいえる手作業も重要です。

3Dプリンタ

設計データをもとに3Dプリンタを用いて造形します。実際に造形物を手に取りながら意匠確認や原理試作などができるため、より精度の高い設計や開発期間の短縮が可能になります。

生産技術

効率と高品質の両立を目指して

生産技術部門と品質保証部門の両部門のノウハウを活かし、品質面も考慮しながら生産に必要な仕様書類を作成。
品質管理・効率的で円滑な生産の立ち上げ・指導までを行える機能軸部門となっています。
また、設計とほぼ同時に品質事前検証を行い、トラブルの発見・品質を考慮した生産立ち上げ・問題調査・解決までを一貫して迅速かつスムーズに行っています。