事業案内

金型

常にベストを尽くして理想の金型を製作

完璧な金型をつくれるとは思っておりません。しかし、その努力は惜しみません。多業種の金型を作らせていただいている実績があります。
構造、価格、納期等につきましてもご相談ください。製品の成形、および金型構造上の問題等も事前に提示させていただき、
ベストな状態の金型を製作するように心がけています。

金型ができるまで

  • 打ち合わせ

    金型は、プラスチック製品の元になるものです。良い金型をつくることは、良い製品をつくるための第一歩になると考えています。お客さまから「こんな製品を作ってほしい」とご依頼を受けた場合、商品開発、開発技術、購買、品質保証と全ての部署から知恵を集め検討を行います。そして、DR1・DR2で疑問点、問題点をクリアーし、金型製作を開始します。金型や成形品のみのご依頼の場合は、担当部署である金型、成形の担当者が、お客さまの対応をさせていただきます。

  • 設計

    長年培ってきた技術とノウハウで金型設計を行います。3次元CADでの設計をメインに行い、できあがった図面は加工機に送るためにデータ化されます。

  • 加工機による切削

    データの送られた加工機は自動的に図面通りの切削を行います。シーズでは高速リニアマシニングセンタにより、高品質な加工を行い、短納期にも対応しています。

  • 放電加工

    加工機による切削のほか、放電加工機やワイヤーカットマシンなどにより、お客さまのニーズに合った金型製造を行います。

  • 仕上げ

    いくら高性能な加工機を使っても、それで終わりではありません。最後は、人の手で仕上げられます。職人の手は、どんなにこまかい乱れも見つけ出し調整していきます。